スポンサードリンク1
-

2019年01月18日

美結のバイオリン演奏(64)


2019年1月14日(月) 大船駅から10分にある鎌倉芸術館小ホールで、桐朋学園の子供のための音楽教室の主催する「学科生による2018年おさらい会」があった。



そして、そのおさらい会で美結が母親都香のピアノ伴奏でバイオリンの演奏を行った。


プログラムを見ると幼稚園の年少から高校三年生まで、ピアノ、バイオリン、チェロ、合唱 、トランペット、声楽となっている。発表者は全部で84人。


鎌倉芸術館.JPG

大船駅から10分にある鎌倉芸術館



学科生による2018年おさらい会.jpg

学科生による2018年おさらい会・プログラム




プログラム.jpg

学科生による2018年おさらい会・プログラム中身
31番に美結の記載あり





美結2019/01/14 バイオリン演奏 
https://www.youtube.com/watch?v=jhL7WowvplE







美結は31番で半分ほどのピアノ、バイオリン、チェロ演奏を聴いて会場を後にした。

小学2年生を超えてくると、それなりに上手に演奏する子もいて、いい音を出している演奏もあった。

孫の美結はバイオリン、 優乃はピアノ、大雅はチェロを行っている。

将来姉弟トリオを結成できるかもしれない。頑張れ!

次回は3月3日ピアノの発表会、 4月29日チェロの発表会。




■横浜にある崎陽軒本店にて

おさらい会が終わった後は横浜にある崎陽軒本店にて食事をした。

ウイスキーをたくさん飲んで酔っ払った。


崎陽軒本店.jpg

崎陽軒本



横浜にある崎陽軒本店にて.JPG

横浜にある崎陽軒本店にて



横浜にある崎陽軒本店にて2.JPG

横浜にある崎陽軒本店にて2





スポンサードリンク



















posted by bigtome at 10:11 | Comment(0) | 22イベント

2019年01月12日

大量抗がん剤治療前の検診2(63)


「大量抗がん剤治療前の検診(53)」http://tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp/article/185171944.html
のページにも書いたが、近々始まる大量抗がん剤治療の準備として、大腸肛門科、耳鼻科、歯で検査を受け異常がないことを確認した。

そしてまた今回新たに次の検査を受けた。

■2019年1月10日 頭部MRI 

頭部MRI検査では、脳腫瘍の可能性をチェックするそうである。


検査はヘルメットを被り、ガチャガチャうるさい音がするので耳に騒音を遮断するヘッドホンをつける。


被るヘルメットをみてアメリカ映画「X-MEN:ファイナルディシジョン」で使われていたヘルメットを思い出した。

検査はベッドに横たわって約30分で終了。

頭部MRI.png

頭部MRI
「X-MEN:ファイナルディシジョン」で使われていたヘルメットに似ていないか?



■父の思い出

私の父の死因は脳腫瘍であった。

宮崎の入院している病院までみんなで見舞いに行ったことを思い出した。
父(みさお-節).jpg

父(みさお-節)、宮崎県都城の脳腫瘍専門病院



父.jpg

父、母、姉、妻、私。
これ以外にも私の兄、 姉、 そしてその子供、
配偶者などなどたくさんの人が最後のお別れで見舞いに来ていた。



私もいずれこのような状況になるが、120歳まで生きるので私の子供は見ることができない。孫は見ることができる。

ここで、アメリカ SF 映画「 インターステラー」で主人公の父が 宇宙を高速移動したために、相対性理論に従い、自分自身は1、2年しか経っていないのに、地球では数十年が経過し、年老いた晩年の娘を見舞うシーンを思い出した。



軽機関銃の撃者も行なっていた.jpg

父は、 天皇を警衛する近衛兵であったが、東南アジアで実戦も行った。
大日本帝国陸軍・近衛師団・軍曹。
軽機関銃の射手でもあった。



多発性骨髄腫と脳腫瘍を同時に患うことは少ないと思うが、なんらあ関連性のないことからだから、チェックするのは当たり前のこと。






■2019年1月11日 安静時心電図


診察番号.JPG

診察番号
・安静時心電図
・心臓超音波



病院風景1.JPG

病院風景1




病院風景2.JPG

病院風景2






心電図.png

心電図
健康診断などで行われる心電図と同じものだと思うが、心臓の不整脈を見るもの



以前この治療に関して「運動負荷心電図」を行ったこともある。

表彰台のような階段を何回も往復することで負荷をかけてチェックをするもの。

この時はまだ腰が痛い状態だったのでとても苦痛であった。

運動負荷心電図.jpg

運動負荷心電図




■2019年1月11日 心臓超音波

心臓の大きさ、形、心臓の壁の厚さ、動き方がわかり、心肥大、心拡大、心筋梗塞の可能性をチェックするものである。

検査時間は30分ぐらいで眠かったので目をつぶっていたが、目を開けると自分の心臓の画像がモニターに写っていて心臓が動いてるのがわかった。


心臓超音波を行う機械.JPG

心臓超音波を行う機械



■2019年1月19日 歯科

本日は12日なので未来の話であるが、入院が一か月以上に及ぶため歯石の除去をするようにと言われているのでこれを実施する。


■大量抗がん剤治療

2019年1月28日より約1ヶ月入院をして治療を行う予定である。

この治療を持って一連の治療が終了する。

そして安定期を迎える。

その安定期は人によって違う。主治医の説明によると数ヶ月から数年ということである。

いずれ、多発性骨髄腫は頭をもたげてくる。


とまれ、万物は死に絶える。

私は具体的に自分の命と向き合う機会を得ることができた。

私の人生はあと60年しかない。120才まで生きるから・・

価値のないもの 喜びのないものに自分の人生の時間を使うことはできない。

私は死ぬまで生きることに喜びと価値を見いだし、その価値観を大事にし、その瞬間まで心身ともに健康に生きていく。

そして人生を謳歌する。



■生きる目的と多発性骨髄腫

あらゆる生命体は種の存続が目的で、次の世代に命をつなぐことが使命である。

その目的のために、体を変化させ喜びを感じるように進化してきた。

一個一個の生命体にとって生きることは最重要であるが、種の全体から見たら一個一個は死ぬわけであるからそれほど大事ではない。


2018年2月、多発性骨髄腫に患っていることを知って絶望の淵にあった。


六十歳定年になって、会社勤めを辞めることは多発性骨髄腫が判明する前から決めていた。
いまは今いいタイミングで多発性骨髄腫になったと考えている。

会社勤めをしていれば1日、往復2時間の通勤。雨の日も、暑い日も、雪の日も、二日酔いでも、電車がストでも職場に行かなければならない。

仕事は楽しくても、苦しいこともある。蹴飛ばしたくなることもある。無意味な仕事をしているなと感じることもある。

今は、ゆったり流れる時間の中で、価値を見出せる仕事を行い、様々なことを見つめ直すことができる。

多発性骨髄腫もそんなに悪くはない。




スポンサードリンク



















posted by bigtome at 16:04 | Comment(1) | 11大量抗がん剤治療前

2019年01月04日

兄宅訪問と神棚(62)


正月3日、八王子の兄宅に遊びに行った。

今回一堂に会した人は、大人8人、子供6人の14人。

正月休みで皆揃っていて賑やかな親類間の交流を行うことができた。

料理も美味しく、酒も美味しかった。ありがとうございました。


集合写真.JPG

兄と私の家族。
職業はパイロット、デザイナー、音楽家、保育士、アフェリエイタ、主婦、無職
来れなかった人と姉家族が7名なので全員揃うと21人になる



■アメリカからの画像

集合写真をアメリカに留学している兄の娘に送ったら、アメリカ風景の返信があった。

ロサンゼルスに行きたくなった。

画像のコメントは本人。

東京から親友が遊びにきてくれた友人とのショット.JPG

「東京から親友が遊びにきてくれた際のショット」





ランチョパロスという場所からのキレイな景色。お気に入りの場所.JPG

「ランチョパロスという場所からのキレイな景色。お気に入りの場所」




ロス周辺はビーチが多いのですが、ランチョパロスは崖になっています。キレイな夕日で有名

「ロス周辺はビーチが多いのですが、ランチョパロスは崖になっています。
キレイな夕日で有名」




この才女については、入院8日(20)兄家族見舞の記事でも紹介している。http://tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp/article/183345934.html





■八王子の神棚

神棚.JPG


神棚にある、霊代(たましろ・れいだい)は故人の御霊(みたま)を納めるもので、東郷神社での年祭の際に実家鹿児島の神棚から、ここ八王子に引っ越しをしている。

東郷神社での年祭
http://tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp/archives/20180702-1.html

この祖神命霊代(そしんみことのたましろ) にすべてのご先祖様の霊が眠っている。

霊代(たましろ・れいだい)は神や故人の霊の代わりとしてまつるもの。

尚、霊代は霊璽(れいじ)とも言うらしい。



■実家の神棚

実家の神棚.JPG

実家の神棚


左上にある神棚は内神「うちがみ」が祀られて、屋敷内にまつる同族神的性格をもつ神。

九州地方南部などにみられるとのことで「うちがんさあ、うっがん」とも言う。

関東地方北部では氏神(うじがみ)といいます。




■私の家の神棚

私の家の神棚.JPG

この神棚にご先祖様はいません。



■ご先祖様の写真

ご先祖様.JPG


中段、左写真の拡大
古いアルバムを整理しご先祖様をまとめた写真
私の両親と祖父母、祖父の母親、母の両親。
妻の両親と祖父の母親。





スポンサードリンク















posted by bigtome at 16:16 | Comment(1) | 22イベント

2019年01月02日

平成31年、謹賀新年(61)


2019年賀.jpg

謹賀新年



本年も良い年でありますように.jpg

本年も良い年にする!




新元号の予測 http://tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp/article/185237078.html

01)安延(あんえん)
02)永明(えいめい)
03)安化(あんか)
04)永光(えいこう)
05)建和(けんわ)
06)建安(けんあん)
07)弘栄(こうえい)
08)文承(ぶんしょう)
09)安長(あんちょう)
10)弘徳(こうとく)
11)文弘(ぶんこう)



IMG_6762.JPG

大晦日
私がエプロンしているのは、家事担当だから・・
ビール、日本酒、焼酎、シャンパン、白ワイン、ウイスキーを飲む。



IMG_6781.JPG

故郷の友人から頂いた名酒、魔王。
魔王は婿殿が一人で全部飲んだ!




IMG_6754.JPG


来年4月から、3年、1年(双生児)





IMG_6815.JPG

元旦。婿殿は業務のためすでに出立している。ご苦労様




二黄卵

娘の卵が二黄卵。娘は二卵性双生児の母親でもある。
偶然であるが、なにやら運命的な何かを感じる。





公園で叔父と遊ぶ孫3人.JPG

公園で叔父と遊ぶ孫3人






二日は近所の写真屋さんで家族写真を撮影し、初詣に行く。そしてスシローで夕食。

氷川神社で初詣.JPG

氷川神社




二礼二拍手一礼.JPG

手水舎で手を清め、二礼二拍手一礼






スシロー1.JPG

スシロー




スシロー2.JPG

おいしかった





スポンサードリンク














posted by bigtome at 11:36 | Comment(0) | 22イベント

2018年12月29日

川越宗一の第2弾小説(60)


今年松本清張賞を受賞した甥っ子の川越宗一の第2弾の短編小説が、「オール読物30年12月号」(136頁から)に掲載されている。

題名は「海神(かいじん)の子」、挿絵は時代小説を中心に活躍している「安里英晴」さん。

松本清張賞受賞作「天地に燦たり」では秀吉の朝鮮出兵が描かれた時代であったが、今回の「海神の子」のそれは江戸時代初期。

2編とも戦闘シーンに迫力があり、内容も面白く、引き込まれる。一挙に読んだ。

私が指導しただけのことはあると思うが、私の勘違いか?

機会あったらめくってみてください。


川越宗一の松本清張賞をテーマとするページ http://tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp/category/4485370-1.html



■ふるさと、錦江町に掲載される予定

川越宗一先生の両親は鹿児島県肝属郡錦江町(平成の市町村大合併前は大根占町)出身で、母親は私の実の姉。

当然私も錦江町出身。

そして、その錦江町の町長は中学時代からの私の同級生で家も歩いて数分の距離にある。

同級生は町長をするぐらいだから、頭脳明晰で統率力があり何に対しても前向き。(ほめ過ぎ?)

その町長が、2018年11月下旬に東京で全国町長会議があり忙しい中ではあったが、時間が取れるということで、27日東京茅場町でビールを飲んだ。

ただ1時間ほどしか時間が取れなかったので、私がジョッキ1、彼がジョッキ2と喉を潤した程度であった。


その際に、錦江町出身の人の受賞作だから、同町広報誌で紹介する計画があると聞いた。

ありがたい話。

私は川越宗一の作品が、NHK の大河ドラマなどで取り上げられるのではないかと思っている。

それぐらい川越宗一の作品には重厚感があるのではないのかな。


鹿児島県肝属郡錦江町ホームページ https://www.town.kinko.lg.jp/soshiki/2/4073.html



■錦江町の町長


4町長バッジ.JPG

光り輝く 町長バッジ




3本人.JPG

町長はこの人


スキンヘッド傾向の頭を見ると、アメリカ SF 映画・スタートレックの艦長「ジャンリュックピカード」思い出す。

5スタートレックでのジャンリュックピカード.jpg

スタートレックでのジャンリュックピカード。似てる?








6贈り物.JPG

贈り物



後日、個人的にふるさとの名産を送ってくれた。皆うまかった。ありがとうございます。
・焼酎魔王
・けせん団子
・大根のやぐら漬け





スポンサードリンク

























posted by bigtome at 16:06 | Comment(1) | 21松本清張賞