スポンサードリンク1
-

2019年04月28日

ガン細胞激減(74)


本日は4月28日。大量抗がん剤投与10週間後で退院から7週間後。


■骨髄穿刺

去る4月16日に 骨髄穿刺 (こつずいせんし)を行なった。

これはマルクともいい 腰にある腸骨に針を刺して、骨の中にある骨髄組織をとる検査。

注射器で骨の中の骨髄組織を吸引する方法で、局部麻酔を使用するが、吸引時とても痛い鈍痛がある。

この骨髄穿刺は2回目で、多発性骨髄腫の治療を行う前の1年前4月12日にも行っている。

私は採取時ベッドにうつ伏せになりながら、その痛みに耐えるために身を固くしていたが、採取を担当した医師からは「随分とリラックスされてましたね」と言われた。


主治医から聞いた話であるが、骨髄穿刺で 採取した組織検査機関は全国に一箇所しかなく、その処理能力は1日に10人が限界とのことであった。

この機関に万が一事故があり検査が出来なくなったら多大な影響があると心配になった。


1-骨髄穿刺.jpg

骨髄穿刺



2-骨髄穿刺の位置.jpg

骨髄穿刺の位置:右図の腸骨から行った。



3-骨髄穿刺の器具.jpg

骨髄穿刺の器具



4-骨髄穿刺を行ったベット.JPG

骨髄穿刺を行ったベット



5-骨髄穿刺の待ち時間は余裕で読書する.JPG

骨髄穿刺の待ち時間は余裕で読書



6-骨髄穿刺後の出血を抑える傷当て.JPG

骨髄穿刺後の出血を抑える傷当て





■ガン細胞激減

採取から 11日後の27日に検査結果を聞いた。

がん細胞が大幅に激減しているとのこと。

どれぐらい激減しているかと言うと、前回は100個に10数個あったが今回は10万個に1個とのこと。


これまでの治療の成果が十分に出ているとのことである。

とても嬉しい。


今後の治療は、 毎日レブラミド1錠服用し月に1回血液検査を行い経過を観察することになる。


いずれは 再発することになるが、この寛解(かんかい)が長く続きますように。


7-病院に飾られている鯉のぼり。昨年も入院中に観た.JPG

病院に飾られている鯉のぼり。昨年も入院中に観た





■自覚している体調

体調は前回のブログ 退院3週間後の経過(73)と比較すると、足の痛みは軽減しているが、腰の痛みや手指のこわばりは相変わらず。

手指のこわばりについて、治療を受けてる医院の整形と血液内科の医師に相談したが、このような例はないらしく、これといった内容はなくよく分かりませんということであった。




■骨粗鬆症

多発性骨髄腫の合併症として骨がもろくなっている。 この治療に関してはゾメタという静脈注射で治療を行っている。

4月22日に整形外科で CT スキャンを行い骨密度の検査を行った。

骨密度は1年前とほぼ同じで20才男性平均との比較で77%、同年代比較で83%とのことである。

激しい運動や、腰などに負荷のかかる運動や作業は十分注意する必要がある。


■頭髪

少しは伸びているが、まだまだ短い。

ほっぺたの顔髭はあまり成長してないが、口の周りのヒゲは一センチ程度伸びている。


■ほくろの除去手術

顔髭を剃る行為は減少しているが、顔にできているほくろをたまにカミソリで切ったりしているので、思い切って手術で除去した。

手術は準備も含めて局部麻酔を行い1時間程度。14針縫ったとのこと。

手術でほくろは取れるが、傷跡が残るので、 キャプテンハーロックのような顔になる。


IMG_7620.JPG

ほくろ除去前



IMG_7625.JPG

ほくろ除去1、絆創膏



IMG_7668.JPG

ほくろ除去2、絆創膏



IMG_7664.JPG

ほくろ除去傷後、抜糸前



■快気祝1

4月14日(日)午前11時半より、上野「かに道楽」で鹿児島の高校時代の友人らと 一献


IMG_7528.JPG

上野「かに道楽」



IMG_7529.JPG

高校時代の友人




■快気祝2

4月17日(水)午後5時半より、御茶ノ水「こんごうあん」で 前会社のいつものメンバーと一献。

IMG_7542.JPG

1次会、こんごうあん




IMG_7543.JPG

1次会、快気祝い



IMG_7648.JPG

2次会カラオケ








スポンサードリンク











【13自家移植後経過の最新記事】
posted by bigtome at 21:53 | Comment(0) | 13自家移植後経過

2019年04月01日

退院3週間後の経過(73)


退院してから3週間が経過した。

食欲もあり、飲酒も問題なし。コーヒーを飲んだ後の胸やけも軽減し、1日2〜3杯飲んでいる。

昨日31日は横須賀の米軍と自衛隊の軍港基地の遊覧ツアーと東郷平八郎がロシア「バルチック艦隊」を破った際に乗船していた戦艦「三笠」の展示船見学に行ってきた。

長時間の歩きや立ち姿で少し疲れたが、翌日には回復。

体調に大きな問題はない。


■YOKOSUKA軍港巡りと戦艦「三笠」

IMG_7437.JPG

海上自衛隊のヘリ空母「出雲」


IMG_7445.JPG

米海軍・原子力空母「ドナルドレーガン」



IMG_7457.JPG

174は「イージス艦」



IMG_7471.JPG

戦艦「三笠」


IMG_7470.JPG

連合艦隊司令長官「東郷平八郎」元帥海軍大将



■手の指

足と手指が痛い。

特に手の指は起床時が一番痛く、日中の活動と共に減少していくが、終日痛さは残る。

この痛みは、骨がこわばっている感じで、自家移植入院中から発生しているので、その際に使用された抗がん剤などの影響なのだろうか?

先週受けた退院後2週間の診察で医師にこの件を伝えたら、「判らない。経過を観る。」と言われている。

足に関しては、以前からあった痛みで骨がこわばっている感じではなく、以前から飲んで薬の副作用かなと思っている。

■便秘

ガンの治療前から便秘気味で、治療開始後はそれが悪化していた。3日〜4日に1回排便の感じ。

しかし、これが最近は何が変わったのか、ほぼ毎日排便している。

■頭髪

頭髪も顔髭もあまり伸びていない。

以前の様に頭髪と顔髭を伸ばしたいが気長に待つしかない。

バリカンで剃った頭 (1).JPG

3月9日。バリカンで剃った直後。


06週間後 (1).JPG

2019年3月30日撮影。バリカンで刈った3月9日の状況とあまり変わらない。





スポンサードリンク




















posted by bigtome at 10:28 | Comment(0) | 13自家移植後経過

2019年03月22日

祝祭日には国旗掲揚(72)


この記事は、多発性骨髄腫の治療や克服とは無関係です。

昨日21日(木)は春分の日で国民の祝日。

幼いころ祝日には各家庭で国旗を掲げていたが今日では多くの家庭で行わなくなった。


それは、大東亜戦争に負けアメリカを中心とした占領政策や当時のソ連や中国の干渉で、日本人に反日思想が植え込まれた賜物である。


■反日思想

最近、百田 尚樹さんの「日本国紀」、江崎道朗さんの「コミンテルンの謀略と日本の敗戦」「日本は誰と戦ったのか」を読んだり、インターネットの「虎ノ門ニュース」を視聴したりしている。

そして、アメリカやソ連や中国は先の戦争前から日本に嫉妬し恐れ、日本を弱体化するために様々な工作を戦前・戦後に行い、それが現在も継続していることを知った。


更には朝日新聞、テレビ、日教組、共産党の不可解な言動の背景も多少理解した。


そして、この反日思想と戦うことが大事であると感じている。


■中学時の校長の話し

反日思想を知る以前から、国旗を見ると思い出すことがあった。

それは中学時の校長の話しでシーンや内容はほぼ忘れているが「鳥浜を車で通ると各家庭の門に国旗が掲揚してあって実に気持ちがいい」と言った部分。

この部分だけは何故かしら覚えていて、鹿児島の片田舎でも反日思想が浸透していて、校長はそれを嘆いていたんだなと、いま思う。




■国旗掲揚

日本弱体化と校長の国旗の話しが結びついて、祝祭日には国旗を掲げようと思い立ち、マンションのドアにマグネットでつけられる小型の国旗を密かに準備していた。


そしてその国旗掲揚の初日が昨日21日(木)春分の日であった。



多分、このマンションでは我が家だけ。



そして、半径10km内の家庭でも我が家だけと想像(笑)


更には、関東中にある家庭でも我が家を含め100件前後と想像(汗;)


■右翼?

右翼ではありません。左翼か右翼かと問われたら、愛国者と答えます。

でも、角度で言ったら中心から右15度(極左は左90度、極右は右90度)。



■国旗掲揚のルール

WEBを検索したら次の通りであった。

•掲揚の時間は日の入りから日の出まで
•雨天の場合は屋外に国旗を掲揚しないこと


外の国旗(祝祭日のみ).JPG

玄関の「祝祭日に掲揚する国旗」


国旗は3分割.JPG

玄関用の国旗は3分割




組み立てた国旗.JPG

組み立てた国旗



居間の国旗(常設).JPG

常設の「居間の国旗」



私の部屋の国旗(常設).JPG

常設の「私の部屋の国旗」




スポンサードリンク















posted by bigtome at 04:36 | Comment(1) | 99その他

2019年03月13日

スキンヘッドと食欲(71)


3月9日(土)に退院して3日ほど経つ。

元気いっぱいということはないけれども、不調でもなく食事も普通に行って過ごしている。

ただ疲れやすく、昼食をした後やたら眠たいので、昼寝を2〜3時間している。

15日(金)に 前の会社の20年ぐらい前のメンバーと懇親会があるので、体調が許せば参加する予定である。


■スキンヘッド

退院し、自宅で髭剃り用のバリカンでかろうじて残っている髪の毛を全て刈り上げ、スキンヘッドになった。

風が吹くと頭が寒く、静電気が発生するのか髪が逆立つ。スーパーサイヤ人?

スキンヘッドにし3日ほど経ち、頭髪はそれなりに伸びているが、退院前に剃った顔髭は伸びがはほとんどない。

頭髪と顔髭は違った傾向を示している。

脱毛に関しては、一般的に 3〜6ヶ月(早い人では2〜4ヵ月)経過すると回復するとのことなので夏にはまた以前の状況に戻っていると思われる。

バリカンで剃った頭 (1).JPG

バリカンで剃った頭 1


バリカンで剃った頭 (2).JPG

バリカンで剃った頭 2




バリカンで剃った頭 (3).JPG

バリカンで剃った頭 3




■食欲など

治療中は抗がん剤の影響で吐き気がして食欲がほとんどなかったが、現在はそれも回復して、体に不調もなく飲酒もしている。

とはいえ、治療を行う前と比べると、食べる量も飲酒もそれなりに落ちている。

また、味覚が敏感になっているというのか、コーヒーを飲むことができない。少しも美味しくないのである。

紅茶にしても一般的に1分ほど茶葉をお湯に浸すが、それではあまりにも味が濃すぎて、10秒程度で茶葉を取り出している。

緑茶に関しては以前と変わったことがない。




スポンサードリンク

















posted by bigtome at 21:14 | Comment(1) | 13自家移植後経過

2019年03月11日

自家移植25日目最終日(70)


3月9日(土)で退院した。

当初病院から入院は4週間程度と言われていた。

また、過去の入院では発熱で1週間程度延びていたので今回も30日から40日の入院を覚悟していたが、25日間で終えた。

最初の1週間は多発性骨髄腫の直接的な治療はなかった。その1週間で歯の治療、泌尿科・眼科の診察を受け極めて効率が良かった。

退院当日以前の会社の方がお見舞いに来てくれた。

そのまま上野に行き人形町今半の上野広小路店で食事した。酒も少々飲んだ!

シャブシャブ美味しかった。

人形町今半の上野広小路店.jpg

人形町今半の上野広小路店のホール席



1-今半のシャブシャブ.JPG

ガンの体験を語っている



A-先付けとウイスキー水割り.JPG

先付けとウイスキー水割り
アルコールまだ早い?


3-刺身!.JPG

刺身:免疫力が低下しているので避けるべきであったがそれも忘れ食べていた。
でも、体調に問題なし



4-食べ終えたしゃぶしゃぶ.JPG

食べ終えたしゃぶしゃぶ
美味しかった



夕方自宅に帰り、自作のモダン神棚を拝んで、2基のスマートスピーカー「アレクサ」に帰還の挨拶。

自宅モダン神棚.JPG

自宅モダン神棚





夕食は鶏肉の水炊とウイスキー水割り少々。

夕食の鶏肉の水炊き.JPG

夕食の鶏肉の水炊き






■今回の多発性骨髄腫治療は次の通り。

2月12日(火)に入院し1週間は特段の治療もなく、2月18日(月)と翌日19日(火)に抗がん剤、20日(水)造血幹細胞の自家移植。

そして、26日(火)、28日(木)、3月2日(土)に血小板輸血を行い、3月4日(月)大部屋移動を行い3月9日(土)退院。

抗がん剤の影響で2月19日より吐き気がして食事ができなくなり、3日間程は牛乳程度。その後は点滴でカロリーを補充し3月6日(水)点滴の撤去。

3月4日(月)より無菌室から出ることが可能となっていたので、病院食は摂らず、院内ローソンで食べたい食品を食べていた。


吐き気と脱毛以外の副作用もなく、また、血小板は他人の成分を輸血するので発熱などの恐れがあるらしいがそれもなく順調に短期間で治療を終えたと思っている。


■これまでの多発性骨髄腫治療の概要

@2018年2月、インフルエンザにかかりその時の咳で椎体に圧迫骨折が発生(したと思われる)
A2018年3月19日、4件目の医院で精密検査を行い、4月9日に多発性骨髄腫であることを告げられる。
B2018年4月12日、骨髄検査
C2018年5月21日から6月10日、21日間入院(初期検査)
D2018年8月17日から9月06日、21日間入院(造血幹細胞採取)
E2019年2月12日から3月09日、21日間入院(造血幹細胞移植)
F今後は当分、月1回程度経過観察。


■これから期待すること

1年間にわたる一連の治療はこれで終了したので当面は月一回程度の経過観察になる。
経過観察で安定が確認できれば治療は行わない。これを「寛解」という。

残念ながら、今日の医療技術では多発性骨髄腫を完治することはできない。

これから期待することは長期の「寛解」。

この「寛解」の長さは個人差がある。数ヶ月から十数年。

いずれ、多発性骨髄腫は再発する。

今回行った自家移植をもう1回できる造血幹細胞は保存してある。ちなみに造血幹細胞の保存期間は理論的には私が目標とする120歳以上あるらしい。

さらには、医療技術の進歩もある。

その時点で最も良い治療を行うことになる。

これからの人生が楽しみである。



スポンサードリンク












posted by bigtome at 08:08 | Comment(0) | 12自家移植